久里浜発電(現行)。

2014年9月、So-Netブログより移行。

横浜トリエンナーレ2014

3年に一度開かれるアートイベント、横浜トリエンナーレに行ってきました。 DSCN3743.JPG

これはトリエンナーレとは関係ありませんが、最寄りのみなとみらい駅ではピカチュウ大量発生チュウというイベントをやっていて街のそこかしこにこのピカチュウグッズを持った人がいました。

 

さてメイン会場の横浜美術館

DSCN3750.JPG

前回は美術館前にもうちょっと展示があったような気がします。

DSCN3752.JPG

ほー。

DSCN3755.JPG

これは見た目ゴム風船ですがブロンズだそう。

 

お手を触れないでくださいと注意書きがあったのですが、こういう意外性のある作品は触れるようにした方がいいような気がします。

DSCN3754.JPG

今回のテーマは 「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」。

華氏451とはブラッドベリの小説、華氏451度からだそうで。

DSCN3758.JPG

美術館に入ってすぐに設置されている巨大ゴミ箱(という設定の展示)。

 

有名無名問わず、自作のアート作品の”失敗作”をここに捨ててくださいということでなんとなくアートっぽいものやら漫画の原画らしきものなどが入っていました。

 

この写真を撮って他の展示を見ているときに大きな音がして、何かと思っていましたが帰りにふとこのゴミ箱を見ると大きな不動明王みたいなのが捨てられていました。

世の中にはいろんな人がいるものです。

DSCN3762.JPG

高校の文化祭なんかにありそうな手書きレタリングとか

DSCN3763.JPG

なんかこんなのとか、例によってゴミとしか思えないものもあれば

DSCN3764.JPG

DSCN3767.JPG

ちょっとカッコいい感じのものもあり。

DSCN3769.JPG

実際に作者の意図を汲めているかはさておき、比較的分かりやすい感じ。

DSCN3782.JPG

穴の開いた鏡で仕切られたテニスコート

仕切りの反対側には法廷(コート)を模した展示があり、同じコートでも大違いということでしょうか。

DSCN3776.JPG

で、コートの先には檻があると。

DSCN3783.JPG

上階からエントランス方向の眺め。

DSCN3784.JPG

リアルでもないし芸術的デフォルメをされているわけでもないカラス像。

DSCN3787.JPG

Meat is Murderって感じ?

DSCN3788.JPG

ガンジーっぽい人の頭頂から赤い液体がじゃぶじゃぶ流れる作品。

お釈迦様に甘茶をかける行事にかけているのか、血液をあらわしているのか、はたまた全然違う何かかどうかは説明を読んでいないのでわかりません。

 

チケットは1会場につき1日有効なのでそのうち新港ピア会場の方を見に行きたいと思っております。

広告を非表示にする