久里浜発電(現行)。

2014年9月、So-Netブログより移行。

愛媛・松山・9/22〜24

既に先月の話ですが愛媛県は松山に行ってきました。

2016年末に香川県を訪れ、それが私の初めての四国旅でしたが、風情のある街で好印象を持ち、今回は松山に行ってみようということになった次第。

 

朝飛行機に乗って松山空港に着き、とりあえずホテルに荷物を預けて街を散策してお昼。当初予定していたお店が激混みだったので手近なうどん屋さんにて。

f:id:g-lab:20180922130018j:plain

伊予うどんの定義はよく知りませんが、ゆで卵の天ぷらなどが乗ったのを注文。麺もしっかりしててなかなか美味しかった。

f:id:g-lab:20180922124027j:plain

こちらは冷やしなんとか。

f:id:g-lab:20180922123918j:plain

炊き込みご飯が付いてます。

 

さてこれは松山の街並みですが、いよてつ高島屋に設置されている大観覧車くるりんからの眺めです。

f:id:g-lab:20180922133528j:plain

今回の旅では乗り降りし放題の市内電車2Dayチケットを購入したのですが、そのおまけでこの大観覧車くるりんにも乗れたのです。

f:id:g-lab:20180922133648j:plain

後日訪問予定の松山城も見えました。観覧車なんて日頃乗る機会がないので結構楽しかったです。

 

道後温泉

f:id:g-lab:20180922143426j:plain

趣深い道後温泉本館

f:id:g-lab:20180922151808j:plain

建物には入りませんでした。

f:id:g-lab:20180922154704j:plain

要は銭湯なんですよね?

道後温泉商店街の入り口にある坊ちゃんからくり時計。

f:id:g-lab:20180922144025j:plain

1時間ごとだか何時間おきだかは忘れましたが、決まった時間になると坊ちゃんの登場人物などが出てくるショータイムがあります。

f:id:g-lab:20180922150121j:plain

櫓が1階分せり上がり、仕掛けが色々動きます。

 

ちょうど道後オンセナートというアートイベントをやっていて、そういう作品などを見たりしつつ本館界隈などを散策。

f:id:g-lab:20180922150825j:plain

谷このみさんという方の展示前を通りかかってちょっと参加したり。

f:id:g-lab:20180922152351j:plain

各所に設置された作品を見たり。

f:id:g-lab:20180922155954j:plain

最近テレビで見かける前髪の鬱陶しい人の歌詞をタイポグラフィで。

f:id:g-lab:20180922160048j:plain

 

夕食は"かめそば"なる焼きそばが有名なじゅんにて。

f:id:g-lab:20180922183524j:plain

店内にはちょいちょい料理や酒に関する能書きがあり、店主のこだわりを感じます。

ビールなど飲みたいところでしたが、まだいくらか歩いたりするのでなんとなくやめておきました。

こちらがかめそば。白いのは鯖節。

f:id:g-lab:20180922181544j:plain

鯖節の下はこんな感じ。

f:id:g-lab:20180922181816j:plain

食感が変わってて、もっちりした麺にちょっと油で揚げたようなカリカリ感があり、一口食べて「うまいっ!」と膝を打つような美味しさではなく、食べ進むにつれジワジワくる感じですかね。写真が無いですがおでんも美味しかったです。

こう言うのも誠に失礼ですが、意外にもお店のホームページがありました。

こう言うのも誠に失礼ですが、意外にちゃんとしたページでびっくりしました。

ブログが私的にちょっとツボでした。

 

さて翌日は松山城

お城まではロープゥエイなどで行きます。f:id:g-lab:20180923093204j:plain

ロープウェイとリフトが同じ料金ですが、お天気も良いのでリフトを選択。

f:id:g-lab:20180923093609j:plain

リフトってのも日頃乗らないですね。

f:id:g-lab:20180923100450j:plain

香川県丸亀城とは現存12天守仲間ですが、小さな丸亀城に対してこちらはなかなか立派です。

天守内で和傘を使ったインスタレーションをやってました。 

f:id:g-lab:20180923102654j:plain

天守から街を望む。

f:id:g-lab:20180923104158j:plain

松山城を離れてこちらは市内を走る坊ちゃん列車。

f:id:g-lab:20180923120852j:plain

見た目はSLですがディーゼルエンジンだそうです。

地元鉄道、伊予鉄が運行していますが、松山市内は路面電車、バス、そして通常の鉄道がほぼ伊予鉄カラー(オレンジ)で走っていてかなりポップな印象でした。

f:id:g-lab:20180922140303j:plain

公共の乗り物は大体こんな色。

f:id:g-lab:20180923122709j:plain

その坊ちゃん列車の客車が展示されている、ここは子規堂。

f:id:g-lab:20180923122755j:plain

正岡子規が17歳まで過ごした住居を復元したとのこと。

f:id:g-lab:20180923122806j:plain

外から見たらなにやら狭いところに色々詰め込んだような印象。

f:id:g-lab:20180923123030j:plain

室内は子規に関する資料などの展示。

f:id:g-lab:20180923123151j:plain

子規が松山中学入学後に増築してもらったという勉強部屋も再現。

13歳にして書斎を持ち櫻亭仙人なんて雅号を名乗る。

娯楽や社会的背景が現在とは異なるとはいえ、なんとも渋いっすねぇ。

 

さて、昼食。

鯛めしを食べようと駅近のお店に行ってみたら長蛇の列で諦め、周辺を歩いてこのお店を見つけました。

f:id:g-lab:20180923140953j:plain

鯛めし。

f:id:g-lab:20180923133410j:plain

"活き鯛めし"ということで、いわゆる炊き込みご飯のような鯛めしとはちょっと違います。

f:id:g-lab:20180923133456j:plain

ゴージャス卵かけご飯鯛トッピングってところですかね。鯛もその他も実に美味しかったです。

f:id:g-lab:20180923134636j:plain

こちらは松山鮓セット。もぶり寿司ともいうそうな。詳しくはググってちょうだい。

 

場所は変わって秋山兄弟生誕地を訪ねます。

f:id:g-lab:20180923091931j:plain

この人は秋山好古さん。

f:id:g-lab:20180923144530j:plain

そしてこちらは秋山真之さん。

f:id:g-lab:20180923144559j:plain

ここは司馬遼太郎著・「坂の上の雲」で描かれる秋山兄弟の生誕地。

今回の旅は以前訪れた香川県高松市などの印象が良かったことから四国旅行第二弾として企画が始まったのですが、松山所縁の小説として坂の上の雲を読んでみようということになり、そこから秋山兄弟と正岡子規に興味が湧いてこのような場所を巡っています。

 

子規については先に子規堂に行ってますが、こちらは道後にある正岡子規博物館にて。

f:id:g-lab:20180923175914j:plain

入り口には雑誌、ホトトギスの表紙ロゴを模した引き戸が設置されており、開館時は2枚が重なって分かりづらいですが、閉館時にはちゃんと「ホトトギス」と読めます。

f:id:g-lab:20180923180033j:plain

外壁に掛けられた句は時々替わってるようです。

f:id:g-lab:20180923180126j:plain

食いしん坊だったんですってね子規さん。

 

夕食はどうするかと街をウロウロしてみたのですが今ひとつ決めかねてiPhone様にお伺いをたててみたところ、良さそうなラーメン屋が出て来たので店まで行ったらなんと貸切で不可。でも気分的にラーメンになっていたので他のラーメン屋を探したら近くあったのがこちらの店。

f:id:g-lab:20180923201359j:plain

入り口を入るとなんと飲食スペースはエアストリームのキャンピングカーを改装したものでした。

f:id:g-lab:20180923201349j:plain

いやぁ、生きてるうちにエアストリームに乗れるとは思ってなかったっすよ。いや、死後気軽に乗れるのかといえばそんな訳でもないんですが。

f:id:g-lab:20180923194656j:plain

もっとも、中はがらんどうで何でもないんですけどね。それなりに有名人が来店してるようなサイン群。

 

餃子と

f:id:g-lab:20180923195300j:plain

ラーメン(あっさり)。

f:id:g-lab:20180923195511j:plain

ラーメン(こってり)。

f:id:g-lab:20180923195516j:plain

餃子もラーメンも美味しかったです。

適当に探してこういう店に行き当たれるとはスマホ様様ですな。

 

ホテルにて夜食。というかつまみ。

f:id:g-lab:20180923215001j:plain

ポンスパークリングってお土産屋などで見かけて後で買おうと思ったらコンビニでは売ってないんですよ。

購入時に「スパークリングですがよろしいですか?」と確認されました。

そうそう、お土産屋と空港にポンジュースがでる蛇口がありました。

f:id:g-lab:20180924142237j:plain

おや、今気付きましたが"ポンジュース"じゃなくて"みかんジュース"と書いてありますね。ポンジュース使ってないのかしら。

 

最終日。

愛媛県庁に展示されているみきゃん公用車。

f:id:g-lab:20180924102756j:plain

反対側はまた違う絵柄です。

f:id:g-lab:20180924102747j:plain

みきゃん可愛いっすねぇ。

 

ホテルの近くにあってずっと気になってた労研饅頭(ろうけんまんとう)。

f:id:g-lab:20180924101543j:plain

色々な味がありますがまぁ蒸しパンです。

f:id:g-lab:20180924101310j:plain

 酵母菌を使っているというのがミソらしいっす。

これはよもぎつぶあん。昔食べたなぁって気分になるのが不思議。

 

坂の上の雲ミュージアム

f:id:g-lab:20180924130559j:plain

ドラマ化されたりしたとはいえ、1作品だけでミュージアムを建てて運営できるとは大したものです。

f:id:g-lab:20180924104341j:plain

この階段は一番力がかかる所に柱を使ってないのが見どころなんだそうです。

展示内容は結構見ごたえがあって面白かったです。

ミュージアムから望む萬翠荘f:id:g-lab:20180924115352j:plain

欧羅巴の風景のようですね。

その萬翠荘内部。

f:id:g-lab:20180923152438j:plain

コスプレ撮影なんかに需要高そうです。

f:id:g-lab:20180923152538j:plain

 

松山空港にある砥部焼オブジェ「三美神」。

f:id:g-lab:20180924154710j:plain

高松に続いて松山も素敵なところでした。

四国いいですねぇ。

キリンビール工場見学・7/14

キリンビールの工場見学に行ってきました。

f:id:g-lab:20180714122013j:plain要予約なのでいきなり行っても見学はできませんが、無料でガイド付きの施設見学と一番搾りやキリンのソフトドリンクをグラス3杯まで飲むことができます。f:id:g-lab:20180714121151j:plain駅から工場までのラスト数十メートルは高速道路の高架下を通れるのでいくらか良かったですが暑かったなぁ。

f:id:g-lab:20180714100738j:plain

ロビーには立体の麒麟ロゴ。

建物内はクーラーでキリッと冷えてました。f:id:g-lab:20180714103637j:plain暗くて少々分かりにくいですが、これは醸造の為のタンク群。

稼働中の施設にプロジェクションマッピングなどを用いてビールの出来るまでを解説してくれます。

一番搾り麦汁と二番絞り麦汁の飲み比べなど、工場ならではの企画が面白く為になりました。f:id:g-lab:20180714110306j:plain缶に詰められ出荷する工程ですがこの日は運転停止中。

スマホを使ったVRゴーグル一番搾りが缶に詰められ出荷されるまでの移動工程を缶目線で体感できます。

実は見学ツアーなので見所は沢山あるのですが、移動しながらなのとちゃんと見学したいのとであまり写真を撮っておらず、いきなり試飲タイム。 f:id:g-lab:20180714113318j:plain

グラスに3杯までビールが飲めますが標準サイズのグラスではちょっと飲み過ぎかなと思って最初の1杯以後はミニグラスにしました。

一番搾りとプレミアムなんとかと一番搾り黒生だっけ?

余談ですが、この背の高いグラスは後日一番搾り6缶パックにおまけで付いているのを発見して、今ではこのグラスで晩酌してます。

まぁ、家ではほとんど零ICHI(ノンアル)ですけどね。f:id:g-lab:20180714111958j:plain午後ティーとか一番搾りシリーズのプレートを持って記念写真を撮れるスペースもあり。

f:id:g-lab:20180714113156j:plain

飲んでるところを盛り上げるプレートもあり。f:id:g-lab:20180714115113j:plain大手食品メーカーとして、キリンもまた環境保護に取り組んでいます。f:id:g-lab:20180714115434j:plain敷地内にビオトープもあり。

 

さて、見学を終えて昼食をとるべく北欧料理のスカンディヤへ。f:id:g-lab:20180714145305j:plain北欧料理と言ってもどんな感じなのか今一つイメージが湧きませんが日除けの柄からするとデンマークなんですかね。f:id:g-lab:20180714131521j:plain

可愛いランチョンマット。

常々思うのですが、北欧といえばOLがヒーヒー言いそうなオシャレカワイイ小物とかライフスタイルとかがまず思い起こされるじゃないですか。

実際街並みとか小物とか洗練されてたり可愛かったりするんですが、その一方で体重100Kgくらいある粗野で屈強な男達が手掴みで鹿の肉なんかをむさぼり食ってたりする訳ですよ……いや、まぁイメージだけで書いてますけど。

 

とにかくランチメニューからスカンディヤプレート。f:id:g-lab:20180714132136j:plainキャビア(もどき)とフォアグラなんて、お値段からしたらかなりお得な印象。美味しいです。f:id:g-lab:20180714132110j:plain同じランチメニューですがこちらは随分と地味な絵柄ですが美味しかった。

これはコルドンブルーだっけ?ポークカツレツ。

パンかピラフが付くとのことでピラフを選択。付け合わせにパスタも結構な量が盛られてて炭水化物三昧です。

 

その後更に移動して赤レンガ倉庫でやってたカンパイ展へ。f:id:g-lab:20180714141745j:plainキリンがやってたイベントで工場見学の後にちょうど良いかなと。

こちらも無料。f:id:g-lab:20180714142122j:plain横浜とビールとの関わりなど、ちょっとした歴史も紹介しつつポップな展示で気軽に楽しめるなかなか良くできたスペースでした。f:id:g-lab:20180714142819j:plainキリン製品で喉を潤せるバーもあり。

ここのテーブルに入り口でもらったパンフレットを置くと、f:id:g-lab:20180714143039j:plain画像認識で光が集まったり広がったりしてf:id:g-lab:20180714143041j:plainちょっと楽しい。

そんなキリンな1日でした。

 

江戸ねこ茶屋他。

両国界隈へ行ってきました。

まずは昼食をとるべく、とんかつのお店、はせ川へ。

f:id:g-lab:20180629131504j:plain

ロースカツランチ。

f:id:g-lab:20180629133612j:plain

上ロースカツランチ。

f:id:g-lab:20180629133626j:plain

普通のソースに加えてワサビや塩、おろしつゆと、色々な味が楽しめます。

個人的にはちょっと脂強めだったかな。

ヒレの方が良かったかも。

味噌汁が付くはずが忘れられていて、私も食べ終わった頃気づきましたが時既に遅し。

お会計で100円引いてくれました。

 

さて、今回なぜ両国かといえば期間限定オープン中の江戸ねこ茶屋に行ってみたかったから。

f:id:g-lab:20180629140845j:plain

両国は江戸文化や猫にゆかりの多いところなんですって。

f:id:g-lab:20180629141950j:plain

猫の描かれた浮世絵を立て看板状に加工したり大きくプリントしたりで江戸の雰囲気を演出しつつ

f:id:g-lab:20180629142917j:plain

適当にうろうろする猫ちゃん達を見たり軽く触れ合ったりするという趣向。

f:id:g-lab:20180629141831j:plain

ここにいるのは常設の猫カフェから派遣されている保護猫だそう。

元の飼い主がなんらかの事情で世話できなくなったり捨てられたりした猫ちゃんなので、もしここにいる猫を気に入って飼いたいと思ったら面談などを経て里親になることも可能だとか。

f:id:g-lab:20180629142909j:plain

習字する猫の図。

f:id:g-lab:20180629143424j:plain

入浴する猫の図。

f:id:g-lab:20180629143358j:plain

スタスタスタスタ。

f:id:g-lab:20180629144424j:plain

この日は金曜日でしたが、平日だからか猫密度が低めで、いわゆる猫カフェで猫に囲まれてモフり三昧みたいな事もなく、ちょっと期待はずれでした。

土日祝日だと猫ちゃん大量投入になるのか、いつもこんな感じなのかはわかりません。

まぁ、それでも猫ちゃん見てると和みますよ。

 

場所は変わってここはNTTドコモ墨田ビル。

f:id:g-lab:20180629151734j:plain

NTTドコモ歴史展示スクエアを見学。

f:id:g-lab:20180629152009j:plain

無料の広報施設ですかね。

f:id:g-lab:20180629153145j:plain

携帯電話の歴史がコンパクトに見られるスペースです。

私はドコモユーザーだったことがないので、ここに展示されている携帯端末を所有したことはありませんが、年代ごとのデザインの変遷などなかなか楽しかったり懐かしかったり。

いつでも好きなだけシモシモ出来るショルダーフォンペーパークラフトなどお土産にいただきました。

 

その後すみだ3M運動なる事業の一環として各所にある小さな博物館などを見物しながら……あぁ、そうそう、その小さな博物館ですが、すみだ3M運動というのをまったく知らずにgoogleマップでたまたま"べっこう博物館"という表示をみつけ、近かったので行ってみたら鼈甲細工のお店の横に小さなショーケースが置いてあり、どうやらそれが"べっこう博物館"の様子。

うん、小さかったです。

 

で、旧安田庭園へ。

f:id:g-lab:20180629160611j:plain

よく整備された心地よい空間でした。

f:id:g-lab:20180629160619j:plain

庭園から臨むドコモビル。

f:id:g-lab:20180629160646j:plain

そして両国駅へ。

普段は使われていない3番線臨時ホームへの通路で両国ステーションギャラリーなる展示を見る。

f:id:g-lab:20180629162936j:plain

今回はほぼ午後からの行動でしたが、狭い地域に色々と見所があって効率よく楽しめました。

思い立ったら気軽に動くってのは良いものです。人生短いですからね。

Squier JAZZMASTER,ペグ交換。

"白い楽器"がコンセプトのジャスマスター改修。

一応の完結編、ペグの交換。

f:id:g-lab:20180624085536j:plain

これは標準装備のロトマチックペグ。

使い勝手には特に問題ありませんが、今回はとにかくゴトーのマグナムロックにしたいわけです。

そして交換後。

f:id:g-lab:20180624143644j:plain

ちょいとおもちゃっぽいというか、チープな感じがいいんですよ。

f:id:g-lab:20180624143818j:plain

SD91-MG-05MA-L6-Nickel。

私はペグについては断然ロトマチック派なんですが、ご覧の通りこれはクルーソンタイプ。選定にあたっては少々悩みましたがボタン(つまみ)が白いんですよこれ。

メインコンセプトは冒頭に書いた通り"白い楽器"ですが、サブコンセプトとしてそっけないほどのシンプルさとかそこはかとないビザール感なんてことも考えていて、そこにクルーソンタイプで白ボタンがマッチすると考えたのです。

 

しかしクルーソンタイプのペグは取り付けが面倒ですな。

ロトマチックなら一つづつ独立しているのでネジ穴などもさほど精度を気にせず簡単なのですが、クルーソンだと1弦用を高い精度で取り付けないと6弦用まで影響が及ぶので結構気を使います。

写真だと綺麗に並んでいるようですが、実は1弦用のペグがちょっと斜めなんですよね。

取り付けネジ用の下穴が微妙に垂直じゃなかったようです。

f:id:g-lab:20180624110443j:plain

ところでクルーソンタイプのペグを片側一列で取り付ける場合、ペグ同士をキッチリ並べて二つのペグを一つのネジで固定します。

しかし1弦と6弦担当のペグについては共用のネジ用切り欠きの他に独立したネジ穴があり、これは必ず端っこに使わなければなりません。

上の写真向かって左が2〜5弦用、右が6弦用です。

勢いでよく考えずに取り付けようとすると、うっかり1or6弦用のペグを3弦用の位置に取り付けたりして辻褄が合わなくなったりするかもしれないので気をつけましょう。

ま、次のペグを取り付けようとした時点で間違いに気づきますけどね。

気をつけましょうといえば、おそらくマグナムロックならではの注意点として弦を通す穴のサイズも1〜3弦用と4〜6弦用で違うので必ず印を確認しましょう。

f:id:g-lab:20180624102657j:plain

さて、元々のパーツがロトマチックなのでヘッドの取り付け穴サイズも違います。

こだわる人なら一度埋め木などして取り付け穴を開け直すのでしょうが、コンバージョンブッシュなる便利なパーツがあります。

今回使ったのはMONTREUXのConvertion Bushing Set 6mm NI。

薄黄色の紙切れは普通のコピー用紙。

私のジャズマスターではこのブッシュを使っても少々ゆるめだったので普通のコピー用紙を適当なサイズに切り、ブッシュに巻きつけて取り付け穴に挿入すると程よい感じになりました。

そんなわけでペグ交換で見た目満足度が98パーセントくらいになり、ロック式なので弦交換も楽になって満足しております。

 

 

Squier JAZZMASTER

ちょっと前にスクワイヤーのジャズマスター買ったんですよ。

f:id:g-lab:20180324091506j:plain

一番安いAFFINITYシリーズで2ハムで弦をテレキャス同様裏通しにするハードテイル仕様。あまり期待してませんでしたが、意外にも結構カッチリしてて好感が持てます。

いや、好感が持てようがなんだろうが、もうギターは一人で使うには十分な本数持ってるんですけどね。

ある日ふと自分が持ってる楽器は真っ黒ばかりだと気づいて、その瞬間にどうしようもない閉塞感が湧き上がってきたんです。

まぁ1本ポップなやつもいるにはいるんですが↓

とにかく白い何かが必要だと切実に感じたわけですが、我ながらそんなことに苛まれるかね普通?ストレスとかたまってたんでしょうなぁ。

最初から真っ白なのが手に入れば言うことないんですが、世の中そう簡単にはいきません。

そりゃお金出せばいくらでもカッコいいのがありますよ。

でもそんなにお金出せませんから自力でなんとかしなければなりません。

保護フィルムもはがさないままのピックガードを取り外してテンプレートに。

f:id:g-lab:20180324110735j:plain

f:id:g-lab:20180324112136j:plain

撮影時に影が写り込んで見づらいですがミントグリーンのブランク材に輪郭などを下書き。

ピックアップの部分以外座繰りが結構タイトなので適当に穴を開けて干渉しないよう、オリジナルの部品配置をそっくり写してますが、コントロールなどについては色々と変更します。

 

ちなみに取り外した部品達はこんな様子。

f:id:g-lab:20180324104717j:plain

シールド処理は最低限。

最近のスクワイヤなどはダンカンデザインのピックアップが載ってるらしいんですがこれはどうなのかしら?

購入時からしばらく使ってみましたが可もなく不可もない音。

ピックアップは別にこれでも悪くなかったですが今回のコンセプトに合わないので使いません。

f:id:g-lab:20180324105803j:plain

ボディに付いてるブリッジからアース線が延びてましたがそれだけ切断して、他の配線はそのまま。

ジャズマスターは基本的にはピックガードに全ての電装が載っているのでブリッジからの弦アース線以外はバラさずに取り外せて楽です。

f:id:g-lab:20180324105843j:plain

ボリュームのポットが500KのBカーブでトーンが同じく500KだけどAカーブ。

 こちらはボディ。

f:id:g-lab:20180324104617j:plain

ヒョロッと出ているのがブリッジからの弦アース用配線。

導電塗料とかのシールド処理は一切なし。

たまたまこの改修の前に友人のMEXサイクロンをいじる機会があり、ピックガードを外したらそちらはちゃんと導電塗料が塗ってありました。

座繰りはいわゆる弁当箱ですがトグルスイッチの部分は別にしてあるのが不思議な気もします。

もっとも、その辺も繋げちゃったらセミアコか下手したらホロウボディになっちゃいますからね。

f:id:g-lab:20180616175505j:plain

おっと、この写真だけ縦横比が違いますが、切り出して粗加工したピックガードをマスキングテープで仮留めして雰囲気を確認。

そう、シングル2基の構成にするのです。

f:id:g-lab:20180616165533j:plain

細かい作業工程は面倒だったので写真を撮ってませんがこんな風になりました。

トグルスイッチもボリューム付近に持ってこようと思ったのですが、座繰りがタイトだし、演奏時に切り替えるにはオリジナルの位置は意外と扱いやすいのでそのままにしました。

シングルサイズのピックアップが2基なのでジャズマスターというよりはジャガーっぽいですかね。ジャガーの見た目も好きですが、スケールが短いのでちょっと落ち着かないんですよ。

 

ピックガードの形状は微妙にモディファイしていて、ネジ穴の数も違います。

ピックアップはネック、ブリッジ共にディマジオのシングルサイズハムバッカーでネック側がDP181、ブリッジ側がDP184。

コイルタップなどせずストレートな配線で3Pトグルスイッチに行ってからマスターボリュームへ。

マスターも何もボリューム一個しかないですが。

実は最初はボリュームポットに500Kのものを使ったんですが、ブリッジ側のDP184が全然良くなかったんですよ。

ピックアップの特性だと思って「あー、大失敗!」とかガッカリしつつ、諦めきれなくてテレキャスに載せてたSSL-4を載せてみたら↓ 

そこそこ良い感じになり、「うん、これならまぁいいかな」なんて思ったものの、やはり見た目が気に入らない。

そこでDP184に戻してボリュームポットを手持ちの250kに替えてみたら良くなりました。

シングルサイズだけど「ハムバッカーだから」と深く考えずに500kポットにしてましたが、そういえばディマジオのサイトではシングルサイズのハムバッカーはストラトピックアップ代替品的な扱いでした。

今回選んだ181も184もパワーのあるピックアップではないのでノイズ対策としてのハムバッカー構造だと考えるべきなのでしょう。

結果的にピックアップ構成には満足してますが、見た目的にはセンターピックアップがあっても良かったかなー、と。

f:id:g-lab:20180616165627j:plain

トグルスイッチは個人的に定番の日本開閉器工業製ラージブッシングM-2020L/B。

以前複数購入していたストックを使いました。

トグルスイッチについてはいわゆるギター用として売られているものではなく、ネットで電子部品の店から購入していますが、電子部品というのは大抵1個当たりの単価が非常に安いので、ある程度まとめ買いしないと送料が馬鹿らしいのです。

もっとも、電子部品屋で1個500円のこのスイッチが楽器屋でギター用としてだと3000円なんて値段になるので1個買って送料を払ってもまだ安いんですがね。

 

細かいところではストリングガイドを丸断面のものに、ブリッジサドルをGOTOHのS21という10.5mmピッチのものに交換しています。オリジナルもピッチは同じですがダイキャスト製で何となく精度が気になって……。

でも落とし穴としてGOTOHのS21付属の高さ調節用イモネジはこのジャズマスターに使うと高さが足りないのです。

幸いピッチが同じだったのでイモネジだけオリジナルサドルのものを流用して事無きを得ました。純正以外のパーツを使うとこういうことがあるから油断できません。

 

その他、ペグをGOTOHのマグナムロックに交換予定で既にパーツは手元にあるのですがまだ作業できてません。

まぁとにかく見た目は95点くらいの勢いで気に入ってます。

楽器は見た目が9割ですよ。

Fender フェンダー エレキギター SQ AFFINITY JAZZMASTER HH AWT