久里浜発電(現行)。

2014年9月、So-Netブログより移行。

清里2013、夏。

ここ数年恒例の夏の清里に今年も行ってきました。

DSCN2039.JPG

車で朝7時頃出発してちょうど昼に到着し、今まで見るだけだった萌木の村ROCKにてカレー。

DSCN2027.JPG

ベーコンカレーと

DSCN2028.JPG

ファイヤードッグカレー。

それぞれを半分にして二人で食べればベーコン&ファイヤードッグカレー。

見た目はベーコンカレーの方が派手な感じですが値段は同じ。

一つの皿にカレーとサラダが乗っていて結構ボリュームがあって思いのほか腹一杯。

ベーコンもファイヤードッグも美味しかったっすよ。

隣のおやじがビール飲んでてそれもまた美味そうだったのですがまだ運転するので我慢。

その後は萌木の村界隈を散策。

DSCN2038.JPG

滝が見えるスポットがあるらしいのでちょっと行ってみます。

DSCN2037.JPG

途中には妖精さんのお家が! いやいや、マイナスイオンでは腹一杯にならんじゃろ?

仙人だって霞のほかにこっそりパンとか食べてんだから無理すんなって。

DSCN2034.JPG

10分程度歩くと木々がちょっと開けたポイントがあってそこから滝が望めます。

ドカンと滝に行き当たるんじゃなくて小さくそっと眺めるのが奥ゆかしい・・・かも。

その後清泉寮でソフトクリームを食べ、美し森へ。

DSCN2053.JPG

ちょっとしたトレッキングコースを歩きます。

DSCN2043.JPG

板張りでそれほど歩きづらくはないですがずっと上り坂なので日頃運動してない身にはジワジワ効きます。

DSCN2047.JPG

上りきった所には展望台があり、清泉寮と”ほぼ”同じソフトクリームを売っています。

値段はこちらの方が100円安いのでお得かも。

我々は既に食べて来たので展望台で休憩するだけです。

DSCN2051.JPG

展望台の内部は古いタイプの観光地って感じでしたがこんな注意書きというか自慢というか・・・ 水牛から絞るミルクは薄いってのと並ぶミルクジョーク(嘘)。

この他にも電波っぽい張り紙が多かったのですがまぁお年寄りとかがそういう文章を書きがちですよね。

今年はこれまでのところとは違う宿にしてみました。

DSCN2067.JPG

天井に窓があり、寝ながら星空を見られるという趣向。

残念ながら寝る前は雨が降ったり雷がなったりしてましたが、深夜にふと目を覚ますと晴れていて月明かりがまぶしいくらいでした。

DSCN2074.JPG

夕食前菜。

DSCN2076.JPG

カラスガレイにアーモンドだかピーナッツだかをどうこうしたのをのせた魚料理(適当すぎ)。

カレイも上に乗っかってるのも美味かったっす。

DSCN2078.JPG

そしてお肉。

結構というかかなり満腹。

この後ブルーベリーのアイスクリームがデザートに出ました。

 

翌朝。

DSCN2081.JPG

アップルジュースとコーヒーとスープが同時に出てきましたがこういうのはどういう順番で飲むべきなのか。

私は日頃冷たいジュースなどを朝食で飲まないしビール以外はあまり食事中に飲み物は飲まないのでいつまでも飲み物系が減りません。

結局最後に立て続けに飲み物系をグビグビとやることになってしまいます。

DSCN2082.JPG

焼きたてパン三種類。

チェックアウト後はちょっと車で走ってキースへリング美術館を見学。

中村さんというのはキースへリング作品の蒐集家だそう。

DSCN2094.JPG

展示は基本的に撮影不可です。

DSCN2097.JPG

キースへリングといえば随分前に亡くなったしアートとしてもポップ故に万人受けも難しそうだし、これでやっていけるのかちょっと心配になりますがそんなの余計なお世話ですね。

来年も多分また行きそうですが、高原なので夏が快適なのでしょうけどそのうち違う季節にも行ってみたいですね。

広告を非表示にする