久里浜発電(現行)。

2014年9月、So-Netブログより移行。

iPod touchその後。

家でちょっとしたネット閲覧などにも便利に使えるiPod touchですが、やっぱりメインは通勤時の音楽鑑賞用なので、今までnanoを胸ポケットに入れて使ってた私としてはiPod touchを同様に胸ポケットで運用するのは若干鬱陶しい訳です。

そこでBluetoothでワイヤレス化すべくSONYのレシーバーを購入。

ペアリングなどはほんの一瞬で終わるようですが、iPod touch側でいつまでも接続作業中であるかのように”クルクル”アイコンが回り続けるのでなかなかペアリングが完了しないのかと思ってしばらく何もせずにじっと画面を見ながら待っちゃいましたよ。

SONY Bluetooth ワイヤレスオーディオレシーバー BT30 ブラック DRC-BT30/B

ところで今回購入のBT30に現在使っているオーディオテクニカカナル型イヤホンを使うと音量を最低にしても音が大き過ぎるのよね。

なんでBT30にはボリューム0(ゼロ)というボジションがないのか?

オーテクのイヤホンはインピーダンスが16Ωなんですが、iPod touch付属のApple純正イヤホンは32Ωみたいだし、どうやら32Ωくらいあった方が音量調節にも幅があって使い勝手が良さそうな気がしてきました。

そんな訳で必要に迫られてインピーダンス高めのイヤホンを探し始めたものの、ポータブルプレイヤー用として売られているイヤホンは16Ωが主流みたいで、32Ωのものはあまりないんですな。

いわゆるヘッドホンなどはいくらでも高インピーダンスなのがありますが、通勤時にちょっと使えれば良いのでイヤホン。しかも音漏れをほとんど心配しなくてよいカナル型となるとほんとに少ないじゃないの。

全く関係ない話ですが、アマゾンでちょっとした買い物すると段ボールをベースにして品物を乗せて、それをビニールでパッキングしてるじゃない。

あの梱包作業が結構楽しそうだと思いませんか?

リストを見ながらいろんな人の様々な嗜好で売られて行く商品の数々を詰め合わせていく訳ですよ。

自分では高くてなかなか買えないようなものを羨ましく思ったり、誰が買うんだよこんなの的な品物にほんとに買い手がいる事に驚いたりしてなかなか面白い仕事なんじゃないかと考えてしまいます。

まぁ、実際には仕事なんてそんな楽しい事ばっかりじゃないんですけどね多分。

広告を非表示にする